酵素ドリンクで酵素ダイエット

納豆や酢、味噌などの発酵食品には生のもの以上に酵素がいっぱい

生野菜やフルーツ以上に酵素をたっぷり含む食べ物として忘れてはならないのが、発酵食品です。納豆やヨーグルト、漬物などの発酵食品を食べると酵素の活性化が補強され、食べ物の消化や栄養分の吸収がよりスムーズに行えるようになります。
また、発酵食品を食べることで、腸内に善玉菌が増え、悪玉菌を退治するので、お腹がすっきりし、肌もツヤツヤに。たとえば、ヨーグルトに含まれる乳酸菌は、腸内の善玉菌であるビフィズス菌を増やし、大腸菌などの悪玉菌をやっつけてくれます。
ヨーグルトに含まれる乳酸菌は、腸内の善玉菌であるビフィズス菌を増やし、大腸菌などの悪玉菌をやっつけてくれます。
ヨーグルトに含まれる乳酸菌は動物性ですが、ぬか漬けなどには植物性の乳酸菌が含まれます。
植物性乳酸菌は、動物性乳酸菌に比べて過酷な環境の中でも生き抜く力があり、
生きたまま調に届くという素晴らしい特徴があります。
白菜漬けやたくあんなども立派な生ものですから、酵素ダイエットメニューにぜひ加えてください。また、日本の健康食の代表格である納豆には、血液をきれいにする酵素「納豆キナーゼ」が含まれています。
女性ホルモンと同じ働きをするイソフラボン、抗菌作用の強いリゾチーム、病気予防に欠かせないコリン、ビタミンK、ジピコリン酸、なども豊富なので、積極的に取り入れたい食品です。
ちなみに、納豆はネバネバ度が高いほど、酵素の量も多いので、食べるときは、「酵素が増えろ増えろ」ととなえながらよくかき混ぜましょう。

 

酢やみりん、醤油味噌などの調味料なども私たちに身近な発酵食品です。
中でも酢は、特に酵素を活性化させる働きが強いことが最近の研究でわかってきました。
酢飯がふつうのご飯より消化が良いのは、酢が酵素を活性化させることによってご飯が予備消化された証拠。
酢をかけるだけで、食材そのものの酵素活性が行われ、消化しやすくなるのです。
また、酢飯にすると白米のまま食べるよりGI値が低くなります。
疲労回復効果、血圧抑制、カルシウムの吸収を高める作用、血糖値のコントロールなど、他にもさまざまな効果を持つ酢。料理に使ったり、そのまま飲んだりするだけでなく、野菜やフルーツを漬け込んで、フルーツ酢や野菜酢を作ったり、酢漬けにするのもオススメです。
野菜やフルーツに含まれる生きた酵素をさらにパワーアップしてくれる酢のレシピを是非試してみてください。