酵素ドリンクで酵素ダイエット

素材のチョイスに迷ったときは底Gi値食品を選びましょう!

 

スリムなボディを邪魔するにっくき贅肉のもとは脂肪細胞。
この脂肪細胞が肥大化する原因のひとつが、すい臓がら分泌されるホルモン「インスリン」です。
私たちの体は飲食などによって血糖値が上がり、それによってインスリンが分泌されます。血糖値が急に上がるとインスリンが過剰に分泌され、逆に血糖値の上昇がゆるやかならインスリンの分泌もおさえられます。

 

この、血糖値の上昇率を表すのがGi(グリセミック・インデックス)値。
数値が低いものほど食べた後の血糖値の上昇がゆるやかで、インスリンの過剰分泌が抑えられるので太りにくいというわけです。

 

野菜はじゃがいも、にんじん、とうもろこしを除くほとんどが低Gi値食品で、フルーツはパイナップル、スイカ、ぶどうがやや高いものの、ほぼ中?底Gi値食品。この点からも野菜やフルーツが「痩せる体」を作るのにふさわしい食品といえます。
問題は高gi値の砂糖、ご飯、パン砂糖はできるだけとらないようにできますが、
主食となるご飯やパンなしでは、三大栄養素の一つである炭水化物は摂取できません。炭水化物は脳の栄養素であり、第一のエネルギー源です。
炭水化物はダイエットの敵と排除するのではなく、白米より玄米、うどんより全粒粉のパスタか日本そば、食パンより全粒粉パンやライ麦パンというように、底gi値食品を選んで、バランスの良い食事を心がけてください。