酵素ドリンクで酵素ダイエット

健康のために乳製品をとるなら、牛乳よりヨーグルト!

子供の頃から牛乳はカルシウムに良いと教えられ、今でも毎朝いっぱいの牛乳は欠かさないという人はいませんか?その習慣、いますぐやめましょう。
すでにお話したとおり、朝は消化に良いフルーツや生野菜のジュースのみで十分。カルシウムやたんぱく質を積極的にとる必要はありません。また、最近の研究で、牛乳の飲み過ぎは骨粗しょうになりやすくなるという報告もされています。「牛乳は骨を強くするんじゃなかったの?」と困惑の声が聞こえてきそうですが、その理由は次の通り。

 

確かに牛乳にはカルシウムが豊富に含まれています。しかし、牛乳に含まれるカルシウムはイオン化しておらず水に溶けません。
水に溶けないということは、すなわち骨に吸収されないことを意味します。しかも、骨にカルシウムが吸収されるにはマグネシウムが必要ですが、牛乳にはこのマグネシウムが非常に少ないのです。
また、ペーハーが酸性の牛乳が体内に入ると、ペーパーを中和しようとして骨からカルシウムが溶け出します。
つまり、牛乳を飲むと、骨からどんどんカルシウムが流れ出てしまい、骨粗しょう症になるというわけです。
ですから、牛乳を飲む場合、1日100mリットル程度に抑え、意識して納豆やナッツ類といった、マグネシウムを多く含むものを摂取してください。
また、牛乳に含まれる乳糖を分解する酵素が日本人にはほとんどないという問題があります。
牛乳を飲むとお腹がゴロゴロする、下痢をしてしまう人はこのラクターゼが少なく、乳糖が分解できずに消化不良に陥っている証拠。

 

乳製品を取りたいなら牛乳より酵素がたっぷり含まれているヨーグルトがおすすめ。
牛乳を発酵してつくったヨーグルトには乳糖分解酵素が出現していて、乳糖はぶどう糖とガラクトースに分解されています。
また、たんぱく質も牛乳より消化されやすい形になっていますし、さらに、ヨーグルトに含まれるビフィズス菌は、腸内で善玉菌として働き、腸内環境を整えてくれます。
「牛乳よりヨーグルト」「牛乳を飲むならマグネシウムと一緒に」
乳製品好きの人は、ぜひ、この2点を守ってください。