酵素ドリンクで酵素ダイエット

白砂糖はダイエットの敵。それどころか、健康も害す悪者です。

「太るのはわかっているけど、甘いものはやめられない」「ダイエット中でもたまにはケーキを食べてしまう」なんて自分に甘い女性、結構いるのではないでしょうか?
でも、甘いものの害は「太る」だけではありません。白砂糖の成分であるしょ糖はぶどう糖と果糖がくっついてできています。
ぶどう糖と果糖はそのままだと上質の栄養素ですが、一度くっついた状態になると、消化酵素や胃酸が働きかけてもなかなか切り離せません。
体内の分解酵素を大量に浪費したうえ、最終的には消化不良のままに終わってしまうことが多いのです。
さらにやっかいなことに、この消化されずに残ったしょ糖は、私たちの胃や腸で、悪玉菌やウイルスの餌になります。
大好物の餌を食べた悪玉菌たちは腸の中でどんどん増え、菌のバランスを崩します。
それではいけない、と今度は私たちの体の自衛組織である白血球が悪玉菌を退治にかかるのですが、悪玉菌を殺した後の白血球の残骸からは、体のサビとも言われる活性酸素が生み出されてしまうのです。
この活性酸素は臓器にダメージを与え、ガンをはじめとするさまざまな病気の元凶になります。そして活性酸素が皮膚に現れるとシミになり、活性酸素で皮膚の細胞が壊されるとシワができます。
しょ糖は見た目年齢も引き上げてしまうのです。
また、しょ糖は血中に取り込まれるのも流れるのも非常に早い物質です。
しょ糖により上昇した血糖をおさえようとインスリンが出現しても、すでにしょ糖の姿はなし。一度上昇した血糖がいきなり下がるので、私たちの体は底血糖状態になります。
そして底血糖になると、脳内が栄養不足になり、イライラする・キレるなど、精神状態の悪化を招くのです。

 

最近、やけにイライラする、なんとなく背中が張っている、腰痛・肩こり・頭痛がある、シミやシワが増えたと感じたら。まずは甘いものを控えてみてください。
どうしても甘みがほしいときは白砂糖ではなく、黒砂糖やはちみつやメープルシロップを少量使いましょう。
おやつやデザートに食べるなら、甘みがあって酵素たっぷりのフレッシュなフルーツが断然オススメです。