酵素ドリンクで酵素ダイエット

身体の中の酵素は生涯で一生涯しかない

体の中の潜在酵素は、一生で一定量、1日の生産量も一定です。
年齢を重ねるごとに酵素は少しずつ減ってきます。
貯金を引き出すのと同じで、無駄に使えば使うほど減っていき、それに伴い、代謝が下がり、様々な病気を招きます。
代謝酵素を増やせば、確実に痩せる。
消化酵素を節約して代謝酵素を増やす
体内の潜在酵素は、その都度必要な方の働きをします。
タンパク質の取りすぎや加熱食だけという偏った食事は、消化酵素を大量に使うことになり、代謝酵素が減少します。
そう、代謝酵素を増やしたければ、消化酵素を節約することが大切。
そのためには、消化がよく、酵素をたっぷり含む生のものを意識的に取り入れること。
そうすることで代謝が上がって綺麗に痩せる、免疫力も上がって病気も回復するという効果が期待できるのです。

 

※ 代謝酵素が増えるしくみ
■外から食物酵素を取り入れて消化を促進!
動物性タンパク質のとりすぎや加熱食の偏りによって、消化酵素が無駄に使われてしまい、代謝酵素が減ってしまったら、生の野菜やフルーツを食べて、外から食物酵素をたっぷりと補給しましょう。
食物酵素が消化を促進するので、自然と代謝酵素が増え、代謝が上がります。

 

■低速圧搾ジュース&すりおろすことで、酵素は激増
低速圧搾ジュースと野菜のすりおろしがベスト
食物から酵素を効果的にとるためには、低速圧搾ジューサーで生ジュースを作るか、すりおろすのがおすすめ。生野菜や果物の細胞膜が壊れ、莫大に酵素が増えて活性化します。ジューサーは回転が速すぎると細胞が壊れてしまうので、低速(1分間に40?80回転程度)がベスト!
また、良く噛めば唾液と混ざり合い、アミラーゼという消化酵素が出るのでオススメ。また、スプラウトや発酵食品などの食品などの食品も酵素補充に約経ちます。

 

■野菜。果物ジュースはアルツハイマーを予防する。
週3回以上野菜と果物ジュースを飲むことによって、アルツハイマー病の発症リスクを76%減少させることが分かっています。
低速圧搾ジューサーであれば、フィトケミカル、酵素をたっぷり吸収することができるので、さらに効果的と言えるでしょう。