酵素ドリンクで酵素ダイエット

全体的にふっくら「マンゴー型」の体型に良いのは?

全身に脂肪が付きやすく、特にお腹周りにしっかりとつまめる皮下脂肪がつくタイプです。
白米やパン、スイーツやチョコレートや清涼飲料水が大好きなのが特徴。
心の平静や気持ちの安定をもたらす、セロトニンという脳内物質の分泌が少なく、気分の落ち込みやイライラ、手足の冷えに悩まされます。
疲れやすい体質で、無性に甘いものが食べたくなるのもこのタイプ。
甘いものの食べ過ぎが、逆にマンゴー型の炭水化物分酵素を消耗させてしまうのです。
炭水化物の消化不良は体内で酸化・腐敗を起こし、湿疹やアレルギーの原因になります。
スイーツや清涼飲料水に大量に使われている白砂糖は活性酸素を発生させ、しみやしわに繋がります。
ただし、このタイプは糖質がないとイライラしてしまうので、極端な制限をすると、かえってドカ食いに繋がることも。無理せず、お腹が空いたと感じたら一緒にフルーツを食べて食物酵素を補うことから始めて下さい。

 

留学生活で激太り&体調悪化!!
食事制限も運動なしで、すんなりマイナス4キロ
この方、全身に脂肪がつきやすいマンゴータイプです。
忙しい留学生活で手軽にお腹を満たすことができる食べ物、つまり、カロリーは高いけれど、栄養のない菓子パンやラーメンばかり食べるようになってしまったそうです。
栄養バランスが崩れたことで、一気に太っただけでなく、体調も悪化していました。
特にひどかったのは、生理前の過食と逆流性食堂炎。
20代なのに体はボロボロに。
そんな矢先、酵素ダイエットと出会い、生のフルーツと野菜を取るようになりました。
ベルタ酵素ドリンクを3ヵ月ほど続けていくうちに、逆流性食道炎はおさまり、むくみがとれ、ぐっすり眠れるようになりました。
とはいえ、お菓子やラーメンは今でも大好き。食べたいときは、我慢しない代わりに、サラダを追加し、体への負担を減らすようにしていいるのです。
「自分への体質を知り、不足している栄養素、酵素が何か、それを補うため、何を食べるべきかを考えるようになりました。以前は、食べることに罪悪感があったのですが、今は違います。食べることは私自信を作る時間だと思うようになったのです。