酵素ドリンクで酵素ダイエット

代謝を上げて痩せるカギは酵素の補給と温存にあり!

でも、なぜ、酵素を補給したり、温存したりすることで、代謝が上がるのでしょうか?
それには、酵素の性質を理解する必要があります。酵素には「消化酵素」と「代謝酵素」があると話しました。
そして、この2つの酵素は、消化酵素を使い過ぎると代謝酵素として使う分が減ってしまうという相関関係を持ちます。つまり、加熱処理した酵素ゼロの食事や、甘いお菓子や加熱肉など、消化にエネルギーを要するものを食べ続けていると、潜在酵素が消化にばかり費やされ、代謝酵素が不足してしまうのです。
代謝酵素が機能しないと、新陳代謝がスムーズに行われず、私達の身体はどんどん脂肪を蓄え、結果、肥満を招いてしまいます。
痩せたい人は消化酵素を浪費せず、代謝酵素がしっかり働ける環境をつくることが大切です。
生のものから酵素をたっぷりとる食生活は、消化が順調に行われ、余った酵素が代謝酵素として働くため、代謝がスムーズになって痩せやすくなるというわけです。

 

酵素が活動しやすいよう、生活習慣をプチチェンジ
消化酵素や代謝酵素は働く時間が決まっています。ですから、酵素が休んでいる時に食事をしたり、逆に酵素がスタンバイしている時間帯に食事を取らなかったりすると、私達の体は生理リズムを崩し、代謝がうまくいかなかったりします。
朝からお腹いっぱいご飯を食べたり、不規則な生活を送るのは、酵素を殺しているようなもの。
酵素が元気にいきいき活動してくれなくては、代謝は上がりません。なるべく、酵素の活動時間を意識して、酵素の活動時間を意識して、酵素の無駄使いを減らしましょう。

 

@ 午前4時〜昼12時(排せの時間)
代謝酵素がメインで働いている時間帯なので、食事をするのはダメ。ここで、消化酵素を働かせて
しまうと、代謝がスムーズに行われず、やせにくくなってしまいます。朝は朝食を取らずに消化に負担をかけない酵素ドリンクを飲みましょう。
A 昼12時〜午後8時(栄養補給と消化の時間)
消化酵素が活発に動き出す、食事に適した時間帯。酵素はとにかくたっぷり、質の良い栄養を取りましょう。甘いお菓子は消化酵素を消耗するので、おやつにはフルーツをチョイス。

 

B 午後8時〜午前4時(吸収と代謝の時間)
新陳代謝の時間帯。夜遅い夕食や深酒、夜更かしなどを続けていると、新陳代謝が正常に行われず、体を壊してしまいます。