酵素ドリンクで酵素ダイエット

食べた後に眠くなるのは、食べすぎ&酵素不足のサイン!

食べ放題のお店などでボリューム満点の料理をお腹いっぱい食べた後、急に眠気が襲ってきたことはありませんか?
実はこれ、体が酵素不足の状態になって休息を求めているからなのです。
炭水化物たっぷりの料理や脂っぽい料理、肉料理などを消化するためには、大量の消化酵素が必要になります。
体内の酵素の大半が消化に使われると、生命活動を活発にする「代謝酵素」に回す分が少なくなり、体の活動が弱まる。つまり、眠くなってしまうというわけ。
同じ食べすぎでも野菜料理や肉料理の方が、食後に眠くなりやすいですし、酵素がたっぷり含まれる生の物を食べた後より、加熱調理して酵素が死滅してしまった料理を食べる方が、だるさを感じやすくなります。
食後に眠気を感じたら、まずは、食べすぎを反省。そして、「酵素が足りないんだな」「酵素を無駄遣いしちゃった」と思って、次の食事ではくそたっぷりの生食をたくさん食べるようにしてください。
食後はいつも眠くなる。食後は眠くなって当たり前という人は万年食べすぎ&酵素不足を疑って。酵素がたっぷり含まれている食べ物を全体の半分以上食べていれば、食後に眠くなることはほとんどありません。
とはいえ、いくら、生のものが中心でも「お腹がパンパン」になるまで食べてはいけません。自分の消化能力以上の食べ物を摂取できれば、どんな食物でも消化不良につながります。昔から言われているように「腹8分目」が美容にも健康にも良いのです。
ちょっと、物足りないなってところで、食事を終えたほうが、食物がしっかり消化され、栄養素もちゃんと吸収できます。
良い食事とは、食べた後に体にエネルギーが満ちてシャッキリするような食事ではないでしょうか?
「生の物を中心に食事を続けていれば、脳も体も活性化され、痩せる体に近づいていくことを実感できるはずです。

 

「油は太るは間違い」!
良質な油はダイエットの味方です。
油は太るからダイエット中はとっちゃだめ。
そう思って油を目の敵にしていませんか?
確かに、油をたくさん摂りすぎると、内臓脂肪が増えますが、油=脂質は人間の体に必要な栄養素です。
良い便を出すには、たっぷりの食物繊維・水分・酵素に加え、適度な油が必要です。油は繊維で固まった便を腸内でスムーズに移動させて排出したり、便のカサを増す役割をしています。油抜きの食事をしていると、良い便が出なくなり、腸内環境が悪くなり、代謝も滞り、ダイエットの妨げになるうえ、肌荒れの原因にもなってしまうのです。
体に良い油、悪い油のポイントは5つ。
@ 酸化した油は避ける
どんな種類の油でも、長時間空気や光にさらされると酸化し、人体に有害な過酸化脂質が作りだされます。
スナック菓子、時間のたった油料理(作り置きの揚げ物など)何度もこした古い油を使った揚げ物などは避けましょう。
A トランス型の多い油(マーガリン、ショートニングは取らない)
食物油を加工して作ったこれらの人工的な食品は、私たちの体内で全く代謝ができません。パンに塗るならマーガリンよりバターを
B リノール酸を多く含む油(コーン油、大豆油、サラダ油)は使わない。
リノール酸の取りすぎは、アレルギー疾患や心疾患、がんや免疫疾患などの原因に。
リノール酸は油を使った加工品のほか、豆類、穀物、ナッツ、コーンなどにも多量に含まれ、普段の食事で十分とっているので、調油量として使うのは避けたい油です。
生ならα?リノレン酸を多く含む油(フラックス油、エゴマ油、シソ油)を

α?リノレン酸をリノール酸と同じくらい摂取すると、リノール酸の悪影響を少なくできます。
ただし、αリノレン酸を多く含む油は酸化しやすいので、加熱せずに使うのが鉄則。黒い遮光瓶のものを選び、生のままドレッシングなどに使いましょう。

 

C 加熱調理にはオレイン酸を多く含む油(キャノーラ油、なたね油、新紅花油)を
オレイン酸はコレステロール低下作用が大きく酸化しにくいので、炒め物や揚げ物にはこれらの油がオススメ。オリーブ油もオレイン酸を多く含みますが、酸化しやすいので、加熱して使うのは避けて。